二荒山神社天王祭!

皆さんこんにちは(^^)/栃木県宇都宮市桜にあります、わざあり整骨院の伊澤です。

宇都宮では今日から2日間、宇都宮二荒山神社天王祭が開催されます。

長年宇都宮にいながらも、天王祭の起源がわからなかったので調べてみました。

 

天王祭というのは二荒山神社境内に鎮座する須賀神社のご祭神、須佐之男命(スサノオノミコト)によって邪気(夏の疫病)をはらう目的で行われるお祭りこと。天王祭自体の起源は古く、平安時代の869年京都に疫病が流行した時に、それを鎮めるために行われたのが始まりのようです。その後、京都の有名な八坂神社の祇園祭りよって全国に広まり、各地で祇園祭、天王祭、須賀祭と称され行われているようです。

宇都宮二荒山神社では約40基の子供神輿と親神輿が石段を登る時間を競うために駆け上がります。間近で見ると迫力満点で興奮すること間違いなしです!

ぜひ一度足を運んでみてくださいね(^^)

 

お祭りではたくさん人が集まり、その熱気で湿度が上昇します。この暑さと重なることで一気に熱中症のリスクが高まりますので、こまめに水分やミネラル補給、うちわやタオルも忘れずに持参するなど熱中症対策を万全にして、お祭りを思いっきり楽しみましょう(^^)/”

以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございました。