歩く時の骨盤の動き

皆さんこんばんは(^^)/栃木県宇都宮市桜にあります、わざあり整骨院の伊澤です。今日は宮祭り初日ということもあり、院の前も普段より歩行者の方が多く、少しだけにぎやかでわくわくした一日となりました♪

本日は、当院の治療で重要視している骨盤の動きについて書いていきたいと思います。

歩く時の骨盤の動きは大きく分けて3つ

①骨盤側方移動

②骨盤垂直移動

③骨盤回旋

という運動を同時に行い、重心点を動かしながら中心に戻すという動きを無意識的に行ってくれています。そのおかげで様々な方向にスムーズに動くことができるのです。骨盤のゆがみが進行し動きが悪くなるとスムーズな歩行が行えなくなり、足関節や膝、股関節の荷重関節などに余計な負荷が加わるようになり蓄積し、いずれ損傷へと向かいます。今出ている痛みの解決はもちろん重要なことです。ただそれよりも重要なことはなぜ痛みが出たのか?という原因を特定し治すことだと考えています。

当院では様々な痛みや不調の原因が骨盤背骨の歪みと深く関連していると考えています。どこにいっても原因のわからない、治らない症状でお困りの方がいらっしゃいましたら是非一度、お気軽にご相談下さい。必ずお力になります。

以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)/”