樹齢490年!?

こんにちは(^^)/栃木県宇都宮市桜にあります、わざあり整骨院の伊澤です。先日のお休みを使い「日光杉並木」に行ってきました。その時の心洗われる風景を皆さんにもシェアさせていただきたいと思います。

徳川家の忠臣・松平正綱が20年の歳月を費やし20万本以上の杉を植えて徳川家康33回忌に日光東照宮の参道並木として寄進したと言われており、着手したのが1625年と言われているので推定樹齢490歳、30mにも及ぶ杉並木は日本でここだけであり、特別史跡、特別天然記念物の二重指定、現在は世界一長い並木道としてギネスブックにも認定されています。

この杉並木も枯木や倒木などにより減少の速度が年々加速しているとのこと、このペースでいくと100年後には消滅してしまう可能性があるとのことです。まだご覧になっていない方は皆さんは栃木県が世界に誇る「日光杉並木」をぜひ一度見にいらしてください!圧倒的な緑と澄んだ空気に心が洗われますよ~(^^)/”