ハロウィンでコスプレする理由

こんばんは!インナーマッスルEMS(Eトレ)でもご好評いただいております、わざあり整骨院の伊澤です。

10月はハロウィーンの期間(正式には10月31日のみ)でどこにいってもハロウィンのカボチャのお化け「ジャックオーランタン」が出迎えてくれますね😆

ハロウィーンで使われるカボチャはもともとはかぼちゃではなくてカブだったそうですよ!

さて、すっかり日本でも定着したハロウィーンですが当日に皆が仮装(コスプレ)をする理由をご存知でしょうか?

紀元前5世紀頃のアイルランド地域に住んでいたケルト人にの文化では、11月1日が新年でありその前日の10月31日は1年の終わる日、日本でいえば大晦日という風に考えられていました。そして、年が明ける前の10月31日の夜には、この世とあの世を隔てる扉が開き、死者や魔女、魔物が現世にやってくると信じられていました。それらが生きている人間から魂を奪ってしまうと考えれれていたため、人間だと気づかれないように人々は仮装をするようになったと言い伝えられているそうです。以上、ハロウィンについての豆知識でした❕

今年のハロウィーンでも皆さんが素敵な楽しい時間を過ごせますように😆🎵