鶏の胸肉は痛風を招く!?

皆さんこんにちは(^^)/ウェイトコントロールと日々の疲労解消の為、鶏の胸肉をほぼ毎日食べるようにしている、わざあり整骨院の伊澤です。当院では私自身が実践し、順調に体重が落ちてきているという結果と日々の疲労感の軽減を実感しているので、来院される患者様にも鶏の胸肉を毎日100gを目安に摂取することをお勧めしております。そんな中ある患者様から「鶏の胸肉って食べすぎると痛風になるんじゃないですか?」という質問をお受けしましたので、こちらで回答させていただきたいと思います。さて、痛風の原因となるプリン体という言葉は皆さんもよく耳にしたことがあると思います。プリン体の1日当たりの摂取目安は400mgです。鶏の胸肉100gに含まれるプリン体の量は約255mgですので、胸肉を一日当たり157g以上摂取すると取りすぎになってしまいます。厳密にいうとプリン体はあらゆる食材に含まれているため、食事から完全に取り除くことはできない為、やはり鶏の胸肉は1日100g程度を目安に摂るようにしたほうが良さそうですね。鳥の胸肉は脂質、糖質が少なく、腹持ちが悪いため、多く摂取してしまいがちです。そうするとビタミンB群が不足し、糖質や脂質が代謝されない太りやすい体質に変わってしまう可能性もあります。これだけ食べていれば完璧!という食品はありません。やはり日々の生活の中で栄養バランスの取れた食事が重要ですね。以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)mではまた来週の水曜日に更新するブログも読んでいただけますと幸いでございます。

【お知らせ】

おかげ様でわざありブログを読んでくださる方が徐々に増えてきており、大変うれしく思っております。ブログに簡単にアクセスできるわざあり整骨院公式アプリの登録をオススメしております。

✨アプリでできる事✨

アプリからわざありブログや最新情報が見れる!

②お得なポイントが貯まる!

③アプリから予約が簡単にできる!

初回インストールでお得なクーポンがゲットできる!

⑤アプリで紹介すると紹介した人もされた人もお得な特典を受けれる!

下にあるボタンから、無料で簡単にインストールできますので、皆さん是非お得に便利にご活用ください(^^)♪