健康的なお酒の飲み方

皆さんこんにちは(^^)/前回のサッカーの試合で終盤完全にバテてしまい、後半アディショナルタイムで失点し敗北した苦い経験から

「20代に負けない体づくり」をテーマに毎日走って通勤しはじめました

わざあり整骨院の伊澤です。本日のブログは「健康的なお酒の飲み方」について書いていきたいと思います。

先日、ある経営者の患者様から「週に3回は仕事の関係で多量のアルコールを摂取しなければならない、、、」「二日酔いが辛い、、、」「昔に比べ体の不調を感じる機会が多くなった、、、」というお話を聞かせていただきました。その方の場合アルコールを控えようにも控えようがないという状況ですので、健康的なお酒の飲み方を知っておくことが大切です。あてはまる方は意外と多いのではないでしょうか?そんな方々に簡単に試せる方法を簡潔にご紹介したいと思います。

①ゆっくり飲む🍺

ペースが速いと肝臓に負担がかかります。肝臓がアルコールを分解する速度は、日本酒1合(ビール中ジョッキ2杯、ワインであればグラス2杯)に3~4時間と時間がかかるため前記分量(目安)を30分以上かけてゆっくり飲むようにしてみてください。

②おつまみを上手にとる🍸

空腹のままアルコールを飲むと吸収が速まり肝臓には大きな負担となります。肝臓がアルコールを分解するときに、たんぱく質やビタミン類、ミネラル類(特に亜鉛)が消費されます。そのため、おつまみで大豆食品や野菜・果物、ナッツ類を食べ、上手に栄養補給をしてみてください。そしてついつい食べたくなる脂肪の多い食品も肝臓には負担となりますので注意が必要です。

③肝臓を休ませる🍶

肝臓、2日間ほど休ませればと機能を回復するといわれています。可能であれば週に2日はアルコールを一切飲まない「休肝日」を設けてください。が大切です。

 

以上になります。皆様の健康に少しでも役立つ情報が発信出来たら幸いです。

ではまた来週のわざありブログも宜しくお願い致しますm(_ _)m