ダイエットのときに知っておきたいGI値

こんにちは(^^)地道に続けてきた糖質制限ダイエットも徐々に結果が出てきて、ついに目標-5㎏を達成致しました!

そのご褒美にとラーメンが脳裏によぎり糖質の依存性に恐怖しております、わざあり整骨院の伊澤です( ̄ー ̄)💦

 

さて皆さん、GI値という言葉をご存知でしょうか?本日のわざありブログでは私が減量した際に気を付けたことの一つである、

GI値について書いていきたいと思います。GI値とはグリセミック・インデックスの略語であり、このGI値が高い食品ほど、その食品を食べた際に血糖値が上がりやすく反対にGI値の低い食品を食べたときには血糖値がゆっくり上昇するとされています。各食品のGI値に関しては書ききれないので、

Google先生で調べてみてください。

血糖値が急激に上昇した場合、体内ではインスリンが分泌され血液中の糖を各器官などに運ぶよう促し、血糖値を下げる働きが強くなります。その糖が運動不足などの理由によりうまくエネルギー消費されなかった場合、それらは脂肪として蓄積されていきます。

このような悪循環が続くと肥満を招き、いずれは糖尿病になるリスクを高めてしまいますので注意が必要です。

ただ、あまりにも過剰に糖質やカロリー、そしてこのGI値を意識したダイエットは正直苦痛だと思います。しかし、各数値が高い食品、低い食品というのを正しく知っておくことは大切なことです。私はGI値について知った時、キャンディーに対しての見方が大きく変わり大量に舐めることはなくなりましたからね。

今回はGI値についてでした!

当院では、①EMSと②栄養指導でのダイエットも行っています。

ご興味のある方はお気軽に伊澤までご相談いただければと思います( ̄ー ̄)✨