⚽生涯現役でサッカー⚽

こんにちは(^^)/

皆さん史上最長10連休のゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか?

「令和」という新しい元号になりますます気合が入っております、わざあり整骨院の伊澤です( ̄ー ̄)

令和初となるわざありブログでは、医学誌「Scandinavian Journal of Medicine」と「Science in Sports」に紹介された南デンマーク大学の研究データを基に、サッカーに期待できる健康効果について書いていきたいと思います。

サッカーは体力の低下した高齢者にも勧められる✨

2型糖尿病や骨粗鬆症のリスクの高い60~70歳の高齢者が、サッカーで運動をするというアイデアは斬新です。

サッカーには、体力の低下した70歳以上の高齢者や、身体能力の低下した人、骨が弱くなっている人には向いていないというイメージがあるが、今回の研究はそれを覆すものです。

サッカーにより心肺機能と筋力が向上すると、階段を登る、買い物をする、自転車に乗る、ガーデニングなどの日常的な身体活動も容易にできるようになる。こうした身体能力の向上が生活の質を改善していく。生活の質を改善することで、要介護のリスクが低下すると考えられているとの事。

このような研究結果を知り、僕のサッカー寿命はまだまだ長い🔥ぞ!と非常に明るく楽しい気持ちになりました( ̄ー ̄)

サッカーで活躍したい!試合に勝ちたい!そんな気持ちが消えない限り生涯サッカーを続けていきたいと思います。

以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m