梅雨に増えるメンタルトラブル

こんにちは!元気溌溂!わざあり整骨院の伊澤です🔥ちなみに元気溌溂(ゲンキハツラツ)と読みます。僕は初め読めませんでした。

前置きはさておき、梅雨時期はなんとなく気分が優れない、やる気が出ないなどの不調を感じる方が多くなります。

なぜ梅雨に入るとこのような不調を感じることが多くなるのでしょうか?梅雨の時期は5月病と並んで梅雨鬱という

言葉があるほど、うつ病が悪化する時期です。

要因として、気圧の変化や日照不足などが挙げられるが、高すぎる湿度も大きな要因の一つとなっています。

人が快適と感じる湿度は40%から60%といわれています。梅雨時には室内でも80%に達する場合があり、不快感から自律神経にトラブルをきたす場合も多いです。

労働安全衛生法に基づく厚生労働省令として「事務所衛生基準規則」

というものがあり「事業者は、空気調和設備(エアコン)を設けている場合は、室の気温が17度以上28度以下及び相対湿度が40パーセント以上70パーセント以下になるように努めなければならない。」と規定されています。うつ病の要因には精神的ストレス以外に、このような物理的要因も大きく関わっています。オフィスの物理的環境整備不足が人の健康を左右することを十分に理解し、規則を遵守するよう努めましょう!