雷から身を守る

最近雷が多いですね⚡宇都宮は別名、雷都(らいと)と呼ばれるほど雷が多い地域です。

雷でも台風でも自転車通勤一択🚴

わざあり整骨院の伊澤です。

雷は昔から地震、雷、火事、親父と言われるように人々から恐れられてきました。

突然ですが問題です。

Q、急に激しい雷が鳴りだし、近くに避難する建物などがない場合、皆さんならどのような行動を選択されますか?

A)靴を脱ぎ裸足になる

(B)雷よりも早く全力で走る

(C)地面にひれ伏せなるべく低い体勢を保つ

オススメは(A)と(C)です。ゴム底の靴は雷に打たれてしまった場合、電流を地球に流すことが出来ないため感電死するリスクを高めてしまいます。雷は細く高いものに落ちやすい性質があります。そのため身を低くするのは有効な方法と言えるでしょう。(B)は誤りで、雷は秒速30万キロメートルの速さで進みます。それ以上の速さで逃げれる方は(B)を強くオススメします( ̄ー ̄)💦

もっとも、近くに建物や車などがある場合には速やかに室内、車内に非難するようにして下さいね!

以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m