あれ?〇〇が思い出せない?

最近、認知症のCMを良く目にします。

厚生労働省の推計によると、すべての団塊の世代の人が75歳以上の後期高齢者になる2025年には、認知症発症者数は約700万人、

65歳以上の高齢者の約5人に

1人となる見込みです。

とはいえ、認知症はいきなり発症するわけではなく、こうしている今も、脳の中で異変が起きつつある人がたくさんいるということです。

バランスの取れた食事や適度な運動と良質の睡眠など良い生活習慣を送ることは、認知症を発症する可能性を低くするばかりでなく、心筋梗塞や脳梗塞、

がんなど多くの病気のリスクも減らします。

特に食事の面では、ラードなどの動物性の脂や、トランス脂肪酸を多く含む、

マーガリンなどの食べ過ぎは、脳血管性認知症の発症率を大幅に高めてしまいますので要注意です。最後に、当院で考える

「健康」は①骨格②栄養③精神(考え方)

3つのバランスが取れていることと考えています。

健康に不安がある方や不調で苦しんでいる方はぜひ一度、ご相談ください。

皆様の健康で素敵な生活づくりにかならず貢献いたしますm(_ _)m