眠る分だけパフォーマンスが向上する!?

2020年1月も半分が過ぎようとしています。

皆さん正月ボケなどなく健康で素敵な毎日を過ごせていますでしょうか?大学入試センター試験の初日を18日に控え、睡眠時間を削って追い込みをかけ

ている学生さんたちも多いことでしょう。

そんな方々にある実験を紹介します。あるバスケットボールチームの学生達を対象に行った実験の話。

学生達に毎日10時間上睡眠を取るように指示を出した結果、フリースローの決定率、スリーポイントの決定率、けが人の減少など、すべての要素でプラスな変化がでたとのこと。バスケットボールに限らず、その他競技においても同様の変化が出たとの報告もあります。普段から睡眠不足の傾向にある方は10分、20分でも早く布団に入ることを心がけてみましょう。

【押さえておきたいポイント】

①学習した内容の記憶への定着は睡眠中に行われる

②筋力の増強はトレーニング中ではなく、睡眠中に行われる

このことを踏まえ、試験まで残り2日をどう過ごすかどうかはあなた次第です。とはいえ私も学生時代は試験前日徹夜組でしたので、焦る気持ちは痛いほどわかります。ただ健康状態が良好でないとせっかくの努力も無駄にしてしまう事になりかね

ませんので、無理をせず今やるべきことに集中していってください。ファイト🔥‼