今だから聞いて欲しい世界一貧しい大統領の言葉



こんばんは。禁水素20日目のわざあり整骨院の伊澤です。

 

宇都宮市では市立の全小中学校が4月22日まで臨時休業という決定になりました。

 

学校や部活動を楽しみにしていた学生さんたち、子供たちを支えてきたご家族の皆様の心労は計りしれません。

 

そんななか緊急事態宣言の発令にともなう物資の不足などがメディアで連日報じられ、危機感を煽られ不安でいっぱいな毎日を過ごされている方も多い事でしょう。

 

精神が不安定な状態では免疫系の活動が正常に機能しない事がわかっています。

 

不安は正常な判断も鈍らせ、虐待の増加や買い占めの横行などさまざまな問題を引き起こします。

 

こんなときだからこそひとりひとりに届けたい言葉があります。

 

「発展は人類に幸福をもたらすものでなくてはなりません。愛情や人間関係、子供を育てること、友達を持つこと、そして必要最低限のものをもつこと。これらをもたらすべきなのです。」

ホセ・ムヒカ

 

僕がこの言葉を聞いたのは数年前の話ですが、今読み返すとさらに深く考えさせられるものがありましたのでこちらのブログで発信させていただきました。

 

1人でも多くの方にこのメッセージが届き、コロナウイルスのもたらす混乱の沈静化にすこしでも役立てれば嬉しいです。

 

当院は完全予約制でクラスターを避け、院内設備の消毒、手指消毒、マスク着用の徹底、水素ミストでの加湿、空気清浄機24時間稼働の院内感染対策を行い、4月も通常通り診療しております。

 

痛みや不調を抱えている方は、安心してご来院いただければと思います。

 

以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました。